Now Loading...

Now Loading...

What we are aiming for?
私たちが目指す物流施設のあり方

ESGをはじめとした社会の持続的な成長に向けた積極的な取り組み。

物流業界におけるマーケットの課題や省エネ、環境への配慮をはじめとしたさまざまな社会的な問題に対して、戦略的かつ積極的に取り組んでいきます。

物流施設の課題を捉えた戦略的な立地選定

SOSiLAシリーズは人口密度が高く、消費者に近い都市部をカバーできる立地戦略をとっています。
消費地、生産拠点、交通インフラへのアクセスが良好で、労働力の確保が可能な都心配送対応型物流施設を積極的に開発しています。

物流効率化ソリューションのご提供

SOSiLAシリーズではご入居いただいたテナントに対して適切なソリューションを提供することで、物流効率化・運用改善のサポート、PDCAサイクルの構築によるテナントへのさらなるノウハウの提供を目指します。また、ソリューション提供による長期安定的な関係を構築することで、高稼働率の実現、外部成長機会の拡大を図ります。
住友商事グループでは、事業会社への出資を通じ、物流効率化ソリューションのノウハウを蓄積し、SOSiLAシリーズにおける倉庫内作業の効率化・省人化、トラック運用効率化に向けた検討・提案を行なっています。

ESGに関する取り組み

住友商事グループは、グロバールかつ多様な産業分野で活動しており、多くのステークホルダーの方々と共に事業を推進する中で、様々な社会問題に直面しており、社旗の持続的な成長に向けて、多くの課題解決に取り組む動機と責任を有しています。
ESGとはEnvironment、Social、Governanceの3要素の総称で、持続可能な社会の実現への関心の高まりを受け、企業の社会課題への取組みや長期的な企業価値向上を示す3つの観点を指します。
トップに戻る