Now Loading...

Now Loading...

What is SOSiLA?
住友商事の物流施設「SOSiLA」のご紹介

未来の物流の在り方を創造する。

少子高齢化、インターネットの急速な発展による消費行動の変化、IoTの進化、ビッグデータの活用、高効率経営に対する企業意識の高まりなど、私たちを取り巻く社会環境は刻々と変化しています。

社会の脈動そのものともいえる物流事業もその例外ではありません。基点となる物流施設には旧来の保管倉庫としての用途にとどまらず、企業の経営戦略を具現化し、社会全体を明るく快適なものにする使命があると考えます。

「人」と「社会」をつなぐ。住友商事が目指すのは、次の時代の物流施設の新しいかたち、「SOSiLA」の誕生です。

人と社会をつなぐ。
新しい物流施設のあり方を目指します。

「SOSiLA」は、社会とのつながり(=Sociability)・環境への配慮や持続的成長(=Sustainability)・人と労働環境への配慮(=Individuality)の3つのテーマを基に、新たな物流施設の在り方(=Logistic Aspect)を目指す事業コンセプトを表現したものです。
SOSiLAシリーズ一覧はこちら

Hands-Onの精神が生んだクオリティ

SOSiLAが目指す「人と社会をつなぐ物流施設」は、住友商事の長年培ってきた「ものづくりのDNA」がバックボーンにあり、物流の効率化(=Efficiency)、環境への配慮(=Ecology)、施設の耐久性・安全性能(=Safety)、働き手が快適な環境づくり(=Amenity)をテーマとしています。

SOSiLAシリーズ一覧はこちら
トップに戻る